4人5脚+2ワンコ

<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝焼け

d0015773_12173781.jpg
今日は朝の4時頃までなんとか頑張ってくれたのですが、そこが限界だったみたいです^^;。
けれど、朝は7時までは泣かないで欲しいのです。だから、早かったのですが朝ご飯を食べさせて(近頃、寝起きで食べさせるとほとんど呑み込みません)、4時半くらいに出かけました。この時間に家を出たのは初めてです。で、段々夜が明けてくるのを見てました。


昨日から主人は、春に手術で入れた膝のプレートを抜くために入院しています。1週間で帰れるかもとのことです。

春の時は、娘ワンコはまだ前足駆動でにじることができました。だから私は病院に通っていましたが、今回は昼勤のお兄さんに仕事帰り寄ってもらうことにしました。

そういう訳で主人の車が空いているので使いました。3列シートなので楽でした。

もう・・・最後尾席で毛布を被って、夜中外で寝たいと思いました。

by 6coro | 2018-01-16 06:31 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(0)

それでもいいので生きていて欲しい。

今朝の9時過ぎの事です。

9時半近くに買い出しに出かける予定だったので、座らせている(「伏せ」の状態)娘ワンコを横向きに寝かせてと主人にお願いしました。すると「わぁ!どうしたん!」と声をあげました。私は台所にいたのですが、見に行くと娘ワンコの後ろ足辺りに血が付いていました。それは大量ではありませんが、ちょっと擦れたぐらいで出る量ではありませんでした。何が起こったか解らないけど、とにかく足から出たんだろう、洗い流さないとと思いました。冷たい真水じゃ浸みるだろうから、カップ状の入れ物に少しの塩を入れたぬるま湯を持って行きました。

主人が「どうも自分で咬んだらしい」と言いました。見ると口にも血が付いています。なのでそちらを水で流してから足にも掛けました。でも、段々まどろこしくなって、足をカップに突っ込んですすぎました。それからよくよく見ると足の指辺りに2か所傷がありました。深くはなくてもう止血しているようでした。


・・・状況的には・・・伏せの状態から、時計回りに動きたかったようです。でも体は動きません。それでもなお動ける限りでにじって、寒いときに丸くなるような姿勢になっていたみたいです。で、口元に後ろ足が当たって反射的に咬んだのではと推測しました。こういう姿勢になるのは今までにも数えきれないほどあったのに、自分の足を咬んだのは初めてです。

確かにこの一月くらい、私たちの手がうっかり口元に行くと反射的に咬むことが出てきました。目もあまり見えなくなったし認知能力も低下してるので仕方ないと思っていました。でも、まさか自分の足を咬むとは考えもしませんでした。

何だか悲しくて悲しくて・・・・

主人はずっとすぐそばに居てTVを見ていたんですが、異変には気付かなかったのです。娘ワンコは反射的にしろ自分の足を血が出るほど咬んだのに、キャンのひと声すら上げなかったのです。つまり痛みさえあまり感じていない・・・・と。・・・・自分の足・・・・解からなくなっちゃったかなぁ・・・と。・・・・・何とも哀れで不憫で切なくなりました。


・・・・娘ワンコさん・・・・自力ではもうあんまりご飯を食べれなくて・・・・、その力に任せるなら、今頃はもうすっかり衰弱している時期に入っています。なのに、介助で食べさせられるのはとてもしんどいのかもしれません。それでも、どうしても何とか食べてくれるうちは介助を止めれません。それが娘ワンコさんの為になっているのかどうかさえ解りません。私たちのエゴなのかもしれません。でも、生きていてほしいのです。他には何も望みません。この子が呼吸をしてて、撫でれば温かくて・・・ただただそれだけでいいです。

娘ワンコさんは、そういう私たちの想いにものすごく頑張って応えてくれています。


これから、こういうふうに咬んじゃうなら・・・・座位の時は口が足元にいかないよう重々気をつけようと思います。可哀そうなことをしてしまいました。


by 6coro | 2018-01-14 21:45 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(0)

まるでさるぐつわ

12月の中頃?くらい?、頭の下に敷いたペットシーツを口に頬張って寝落ちているのを何回か見ました。そして、どうしてそうなったのかの現場も見かけるようになりました。それは、ペットシーツが犬歯に当たったのか、何かスイッチがあるみたいに突然、まるでかわうそが凶悪な顔つきで魚をかじっているいたいな、なんとも言えない表情でハワワワワとそれをたくしあげてかじるのです。そして、どう言うシステムなのか、そうなるとすぐに寝落ちるのです。

で、夜泣きにほとほと困ったとき、敢えて咬ましてみたらスッと寝入ったんです。以後、シーツじゃなんだからタオルを咬ませるようになりました。取れないように後ろでクリップで留めています。運が良いと朝まで寝てくれます。ダメなときもあります。

「娘ワンコ専用おしゃぶり( *´艸`)?」と主人。どうなんでしょうね。

画像だけ見ると虐待のようです( ;´・ω・`)


d0015773_21105092.jpg

by 6coro | 2018-01-12 23:00 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(2)

歯磨き

習慣をつけなかったので、口なんか開けてくれません。開けようとしたら咬まれます。歯ブラシなんかぎゅっと咬んで離さなくなります。

でも最近は深く寝入るとされるがままです。だから様子を見てそう言う時に1日1回磨くよう頑張ってます。

画像は片手ですがこれは撮影用。本当は一方で口を開けて、もう一方でブラシを持ってやります。口臭が緩和しました。

歯はもうボロボロです。


今週は長男が夜勤なので、できればこのまま0時まで寝てて欲しい。0時に起きてご飯食べたら1時頃。そうしたら長男も帰ってくるので夜泣きが始まっても出れます。


More
by 6coro | 2018-01-11 21:12 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(0)

娘ワンコ<安定剤編>

やはり年が明けてすぐのこと。

何だかうとうとボーっとしている時間が増えた気がしました。それで食が進んでいないんじゃないかって思えました。
だから、思い切って安定剤を止めることにしたんです。

2錠を1錠に減らした時、2~3日にはやや不穏でしんどそうでした。だから今回もきついだろうとは思っていました。でも、それは想像以上でした。減らした時よりきつかったです。不穏なのは確かにその通りでしんどそうでした。それに加えて、少なくなった首まわりの筋肉がカチコチに硬いんです。前足も「伏せ」の状態にするとき突っ張って硬いんです。「棒の様」とは言いません。長い時間一緒に居る家族だから感じる程度の変化ではあります。でも、それがとても辛そうに見えました。

起きている時間は増えました。気持ち食も進んだかなと思えました。けれど『これでいいのか?』という気持ちが湧きました。

誰よりも娘ワンコと一緒にいる時間が長いのは私です。その私の中にそういう想いが湧きました。


・内服すると、うとうとボーっとしている時間が長めで、あまり食べたがらない。そうすると体力が減ると思う。
・内服を止めると、飲んでいる時よりご飯は食べれてるけど、体がカチコチだし何だか不穏でしんどそう。

どっちが娘ワンコさんにとって良いんだろう?家族みんなに聞いてみました。
長男と次男は答えが出せませんでした。主人は迷いながら前者を選びました。私も選ぶしかないのなら前者だと思いました。

結局・・・・止めたのは3日間でした。今は飲んでいます。もう最後まで続けます。この先痛みや不安が増してくるなら増やしてあげようと思います。

再開してから、首と前足の症状は緩和したように思います。

by 6coro | 2018-01-10 22:24 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(0)

娘ワンコ<ご飯編>

<ご飯編>
・どうにか新しい年を一緒に迎えることができました。でも、年が明けてから急に自力ではご飯を食べきれなくなりました。と言うより、ほとんど食べれない感じです。それで以前より力を入れた介助になってきました。以前は食べ残った2~3割を口元に運んであげるだけで良かったのですが、今は食べる分が2~3割いきません。それで娘ワンコさんを臥位にして口の横から少しづつご飯を入れる感じです。娘ワンコさんは食べたくないし、口にスプーンを入れられるのは厭だしで、介助はとても難しいです。30分から1時間掛っていました。

それで、少しでも食が進むようにと、子犬用のミルクを混ぜることにしました。母ワンコさんの食が細った時も、ミルクを使うと良かったからです。・・・・娘ワンコさん、下痢しないかなと心配したのですが、大丈夫でした。気持ち程度食も進みました。
それでも、やっぱりしんどそうに思えて、数日前からふやかしたドッグフードを挟みで刻んで小さくしてみました。すると、こちらのほうが食べやすそうでした。時間も30分くらいで終えられるかなと・・・・それが今日時点です。

はさみで刻むのは結構時間がかかります。どうにかならないかなぁと思案して、お試しでフードカッターを使ってみました。なかなか良さげです。あっという間に4回分のドライの状態のご飯を刻むことが出来ました。

どちらかと言えば雑な性格だし、自分ちのワンコのご飯だし、人が使う時は良く洗えばいいかと思い、しばらくの間フードカッターは娘ワンコの為に使います。


母ワンコさんの時は、自力でご飯を食べなくなった時がターニングポイントでした。それに倣うなら、娘ワンコさんの寿命ももう幾ばくも無いのかもしれません。
ご飯を食べさせられている彼女はとても厭がります、悲しそうです。もう「空腹」や「食欲」をあまり感じないのかもしれません。ふと、『どこまでやるの?』を考えます。どこまでやるのが彼女の為?私たちがどこに線を引いたとしても、正しい答えなんかありません。きっとずっとずっと『あれでよかったのか?』って時として悩みそうです。

今のところ・・・・この先、食べさせても吐いたり下痢をしたりとお腹の調子が悪くなってきたら、もう介助は止めようと思います。現時点では、食べた物を吐いたりはありません。排便もまとまりのある良い状態です。

by 6coro | 2018-01-10 22:05 | 娘ワンコ介護あれこれ | Comments(0)

闘病記録・子育て雑記・趣味など、後々自分史になれば・・・と綴っています^-^*
by 6coro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

今日はダメな日でした(>..
by 6coro at 07:02
いえいえ、けして虐待なん..
by なお at 23:16
ろんり~さんへ お返事..
by 6coro at 21:36
6coroさんこんばんは..
by ろんり~うるふ at 18:30
こんばんは。 もう..
by 6coro at 00:05

イラスト:まるめな